TOP

携帯ページ

我が家の梅干には食品添加物を一切使用しておりません。無添加のおいしさをお届けいたします。

HOME»  農園紹介»  ~農園の紹介~

~農園の紹介~


 

 日本一の梅の里、紀州みなべの山あいの地で、寺谷家はひいおじいちゃんの代から梅作りに励んでまいりました。

 荒山を耕し苗木を養い、丹精こめて育て、少しずつ少しずつ大きくなった我が家の梅の木は樹齢80年を超え、今尚、美しい花を咲かせてくれます。

 2月とは思えない暖かさに恵まれた日、父母、妻と8歳の長男、6歳の次男、生まれたばかりの3男と今年入社したいとこ(寺谷光司 副園主)と一緒に写真を撮りました。本当に暖かい一日で、あたり一面に梅の花の香りと、ミツバチの羽音が響いていました。



 

4月の梅の実の状況です。

この小さな実が、良質な果肉の

紀州南高梅になるのです。



 

5月には、しそ梅用に自家栽培している

寺谷家自慢の「薫りしそ」の収穫を行います。

朝露したたる凛とした空気に、さわやかな

しその薫りがまわり一面にひろがります。



 

4月には小さかった梅の実も、

立派な南高梅になりました。



 

収穫して塩漬けされた梅を、天日干しします。

紀州の暖かい日差しの下でおいしい梅干しが

作られます。